サイトマップ | 個人情報保護指針
TOP施工技術 > 木造軸組工法
この工法は、縦(柱)横(梁)斜め(筋違い)のシンプルな軸組みが基本となるので、設計の自由度が高いのが特徴です。 このため、狭く複雑な敷地形状に合わせて住宅を建てることができ、間口が広く取れるので開放的な建物を建てることができます。

また、増改築などの際には、柱梁 筋違いを増やしていけばいいので、それだけ工事が容易にできます。  生活の中で四季を敏感に感じ取る日本人にとっては、自然の質感の中で暮らすことは精神的な安定をもたらします。

手入れの具合によって木に磨きがかかる分だけ愛着も増すことなどから、 近年その本質的なよさがますます見直されてきています。また、柱や桁などのほぞや継ぎ手に高度な技術が必要な在来工法ですが、 近年はコンピューターを使って加工をする「プレカット」と呼ばれる技術が可能となり、 精度の高い施工が従来どおりにおこなわれております。

< TOP に戻る